• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Pinterest

Copyright © 2019 Peacetopia~韓国での暮らしを中心にあれこれと~ 

【お寺巡り】少林寺(소림사)〜朝鮮王朝の太祖が祈祷し開国を成し遂げた洞窟を訪れる〜




こちらはソウル市鍾路区にある「大韓仏教曹渓宗の少林寺(대한불교 조계종 소림사)」です。



以前に一度ご紹介したことのあるお寺です。




少林寺(소림사)〜朝鮮王朝の太祖が祈祷し開国を成し遂げた洞窟のあるお寺〜




その際は素敵な尼さんと可愛らしい黒犬に出会い、心温まる時間を過ごしました☺️




少林寺の紹介


少林寺(소림사)は大韓佛教曹渓宗のお寺で、同宗総本山である曹渓寺の末寺(本山の支配下にあるお寺)です。



法堂の裏にある岩壁には洞窟があり、そこでは朝鮮王朝の太祖(태조)である李成桂(이성계)が祈りを捧げて開国を果たしたと伝えられています。



朝鮮王朝太祖5年(1396年)には恵哲先師に命じてお寺を創建し、名称からも分かる通り、達磨大師が9年間壁に面して座禅をした嵩山少林寺から名前を取って「少林窟」としました。


その後、少林窟は祈祷および修行の場として伝承されたほか、『朝鮮王朝実録』によると中宗(1506〜1544)と宣祖(1552〜1608)の時代まで国の仏教儀式が行われていたことが分かっています。


純祖17年(1817年)には観海僧侶がお寺を増築し、名称を「少林寺」と改称しました。


1913年には斗三僧侶によって大房仏が建築され、1933年に七星閣、1935年に大雄殿、1942年に大房と山神閣が改築されました。


近年、少林寺は比丘尼(女性の僧侶)の修行の場となっており、1979年〜2003年までの間に慧允僧侶によって大雄殿、三聖閣、ヨサチェ(요사채、僧侶が生活する寮)、薬師殿が改修され、現在の姿に至っています。



李成桂が祈りを捧げた洞窟


さてさて、前回来た時は、朝鮮王朝の太祖(태조)である李成桂(이성계)が祈りを捧げたと言われる洞窟がどこにあるか分かりませんでした。



…というか、大雄殿に祀られている仏様の温かさと優しく韓国仏教の説明をしてくれた比丘尼さん、そして可愛らしい犬に満足して洞窟を探すのを忘れていた、と言ったほうが正しいかも🙄☺️



なので、今回は洞窟を目的にやって来ました。



さあ探すぞー😀





すると…



あらまあ、分かりやすい😳



大雄殿の後ろを覗けば、すぐそこにあります。





こちら、前回来た時の写真です。



なんだ、写ってるじゃん。



大雄殿の向こう側に見えてるじゃーん。



洞窟は二つあります




李成桂(이성계)が祈祷した洞窟らしき場所は二箇所あります。



一つは、石の階段を登って、眺めの良い場所にある小さめのこの洞窟🤓





小さなお地蔵様がいらっしゃいます。



思ったよりも質素な感じ。



でも、岩のせいか重厚な雰囲気を感じます。




ここだと思ったけど、ここじゃないのかなー🤔


もしここが李成桂(이성계)の祈祷した洞窟なら、もっと色々祀ったりお供え物をしててもいいはず…🙄



特に案内板があるわけではありません。




目的の洞窟はこちらのようです🤓



雄大殿の裏にある薬師殿



岩崖をトンネル型(かまぼこ型?)にくり抜いて作ったような御堂で、薬師殿の中には、その名の通り薬師如来様が鎮座しています。



この如来像、まあまあな大きさです。


座っている状態で2メール以上は確実にありました🤔



薬師如来像の両隣には、玉を持った二体の仏様がいらっしゃいました。




この薬師堂、非常に厳正な雰囲気を醸し出しています。



意図的にそのような作りにしているのかも知れませんが、特に薬師如来像からは「威厳」という光が、刺さるように、強烈に発しているのを感じました。



そして、如来像の後ろ、特に目の奥には広い別世界(仏界?)が広がっているような雰囲気がしています。




前回大雄殿で感じた、包まれるような暖かさとはまた違った、緊張感の漂う空気感です。





薬師堂の床には布が引いてあり、自由にお参りできるようになっています。



私は30分くらいお邪魔していた気がします。




布の上で静かに座っていると、体がだんだんと暖かくなり…眠気が…



何分くらいでしょうか、意識半分、うつらうつらしてしまいました😴



こういうところでうとうとすると気持ちが良いんですよね〜。




起きた後は体と頭がスッキリしていました😃




薬師如来様&ほか二体の仏様、ありがとう☺️




◆◆◆ お寺の様子をもっと見たい方 ◆◆◆



薬師如来像から発せられる威光が強すぎて、この記事では薬師殿の中の写真は載せていません。(僧侶の方に、薬師堂の写真は可能か伺うこともできませんでしたしね)


代わりに(?)と言っては何ですが、↓のブログに少林寺の詳しい様子が写真で紹介されています。


薬師殿の中の様子が気になる方がいましたら、こちらでどうぞ。


ただ、私が実際に見て感じた雰囲気とはかなり違います…不思議だ…🤔



다빈치의 야생화 이야기: [65] 세검정 소림사 - 중국 少林寺에서 유래된 비구니 사찰...





前回いたこのワンコ、今回もいるかなと思って期待していましたが、会うことはできませんでした



寒かったし、部屋の中にでもいたのかな😎




ではでは🤗

どろん💫




作者: 昌

​韓国に来て早10年以上。いつかは仏様を描きながら世界中を旅するのが夢