• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Pinterest

Copyright © 2019 Peacetopia~韓国での暮らしを中心にあれこれと~ 

【冬の風物詩】ソウルでは寒くなるとバス停の姿が変わります




ここ最近は暖かいソウルです🌤



10日ほど前はかなり寒く最低気温は−12度、一日中氷点下だった日もありました❄️



その影響で西大門区庁近くにある滝もこんなことに😳



完全に凍ってる〜😦





普段はこんな感じに水が気持ちよく流れ落ちています。



ちなみにこの滝、人工です🙄

(なので、水が流れる時期も時間も決まっています☺️)

 


寒いとバス停の姿も変わります




氷点下になると、外でバスを待つのも大変です❄️



立ってるだけで、皮膚が痛い…😑



そこに風が吹いた日にゃぁ〜😩🍂




ということで、冬になるとバス停にも一工夫が…



このように透明のビニールが張られます🤓




写真手前の入り口部分。



普段は空いているのですが、今は分厚いビニールが貼られています。




しかも、鉄の棒で上下左右、中央部分(黄色い部分)をしっかりと固定しているため、ここからは出入りすることができません。



そう、バス停の出入り箇所も最小限になっているのです。




正直ちょっくら不便だけど、しょうがない🙄




寒いんだもの😑





バス停を前から見るとこんな感じです😃




こちらもしっかりとビニールで覆われています。



見て分かる通り、中央部分だけが空いていて、ここから出入りすることになります🍂




この出入口、結構狭くて不便です。笑




寒くなると、こんな感じのバス停が増えてきます。



そんな変化を見て、心から思います🙄



ああ、本格的に冬になったのね、と…🤔❄️





寒い季節、風邪やインフルエンザには気をつけて、元気に過ごしましょっ😃



ではでは🤗

どろん💫



1件のコメント

作者: 昌

​韓国に来て早10年以上。いつかは仏様を描きながら世界中を旅するのが夢