【韓国料理】コノシロのお刺身/ジョノフェ(전어회)〜秋の味覚です〜



韓国では8月中旬から10月いっぱいまではコノシロの季節です。

コノシロはジョノ(銭魚/전어)と呼ばれ、昔からよく塩焼きにして食されます。


その美味しさは、


”가을 전어 굽는 냄새에 집 나간 며느리도 돌아온다”

「秋のコノシロを焼く香りに釣られ、家を出た嫁も帰って来る」


という言葉があるほどです。



話は逸れますが、こういう時にはいつも「嫁/ミョヌリ(며느리)」が使われるんですよね〜。

まぁ日本もそうですよね。「秋茄子は嫁に食わすな」と言いますし。

日本も韓国も、嫁ってかわいそう。



さてさて、話はコノシロに戻りまして…。

コノシロは塩焼きでも美味しいのですが、鮮魚の輸送技術が改良されてからはソウルでもお刺身としてよく食べられます。



9月中旬になりましたが、今年はまだコノシロを食べてない!


ということで、行ってきました。

いつもよく行く鮮魚のお店です。


しかし残念なことに、「今日はまだトラックが来てないからコノシロはいないよ〜」とのこと。


しょうがないので活魚のお刺身3種を頼んで、コノシロを待つことにしました。



活魚のお刺身を頼むと、写真のような突き出し&サイドメニューが出てきます。

韓国の鮮魚店で出てくるサイドメニューの定番は、秋刀魚の塩焼き(冷凍を使っていることが多いので一年中出ます)、コーンマヨネーズ焼き、魚介のお吸い物です。

その他のメニューはお店によって異なります。


このお店のサイドメニューは比較的種類が多く、また、海老の醤油漬けが出てくるところがポイントです。

これは生の海老をお醤油ベースのタレに付けたもので、セウジャン(새우장)またはカンジャンセウジャン(간장새우장)(*)と呼ばれます。

おそらく、今は海老の季節でもあるので、出てきたんでしょうね〜。


*セウ(새우)は海老、カンジャン(간장)は醤油のこと


また、一般的に韓国のお店では、お粥が突き出しとしてよく出てきます。

まずは柔らかいお米で胃の膜をカバーして食事を楽しむ、というのが理由みたいです。



ここでお刺身の登場。

ヒラメ、クロソイ、スズキです。


韓国語でヒラメはグァンオ(광어)、クロソイはウロク(우럭)、スズキはノンオ(농어)と言います。

どれもお刺身としてよく食される定番の活魚です。



この日の最初のお客だったこともあり、生簀から取り出してすぐ調理してくれました。

身はどれも新鮮でコリコリしていて、脂がのって美味しかったです。


ちなみに、韓国ではお刺身をわさび醤油か酢コチュジャンに付けて食べます。

日本よりもお魚を厚めに切ることが多いため、食べ応え十分です。



そんなこんなで食べながら待っていると、鮮魚を積んだトラックが到着しました。

そして、コノシロ登場〜。


塩焼きとお刺身と両方頂きたかったのですが、量が多いので今日はお刺身だけにしました。



日本でコノシロのお刺身を頂く場合は三枚下ろしにしますが、韓国では骨が付いたまま頂きます。

その方が骨から香ばしい香りがしてより美味しい、ということみたいですが、骨があると食べにくいのは確かなので、この辺りは好みですかね。



食べ方は、他のお刺身同様、わさび醤油や酢コチュジャンを付けて食べても良いですが、テンジャン(된장)という韓国味噌におろしたニンニク、ごま油などを混ぜて作ったサムジャン(쌈장)を付けても美味しいです。


サムジャンを付けてエゴマの葉っぱ(깻잎)に包んで食べるのが一般的。


やはり季節の食べ物だけあって、脂がのっていて香りが濃厚でした。



久しぶりにお刺身を食べてお腹も大満足です。

おかげで食べ過ぎちゃったけど。



ではでは。

どろん!

作者: 昌

​韓国に来て早10年以上。いつかは仏様を描きながら世界中を旅するのが夢

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Pinterest

Copyright © 2019 Peacetopia~韓国での暮らしを中心にあれこれと~