• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Pinterest

Copyright © 2019 Peacetopia~韓国での暮らしを中心にあれこれと~ 

【韓国料理】タッコムタン(닭곰탕)〜歯ごたえのある鶏肉とあっさりコクのあるスープ〜




ある日のこと🌤


山で散歩するついでに、麓にある市場に寄りました。




市場の名前はポバンター市場(포방터 시장)




目的は昼食です😎




早速、麦ご飯のお店(보리밥집)(*)に行きました。


(*)麦ご飯と色んな種類のナムルを入れて、ビビンバにして食べるお店です😋



しかし、



「事情により本日休業」



との張り紙が😦




え〜残念。




仕方ないので、他のお店へ。



定食屋さん(백반집)です。




しかしそこも、



「本日は終日お休みします」



の張り紙が😳




あれれ〜🙄



鶏料理の「어머니와 아들(母と息子)」へ



ということで、このお店にやってきました。



「어머니와 아들(オモニワアドゥル/母と息子)」



닭곰탕(タッコムタン)という鶏を煮込んで作ったスープのお店です。



(*)「어머니와 아들(オモニワアドゥル/母と息子)」

어머니(オモニ):母/母親/お母さん

아들(アドゥル):息子





テレビ番組に登場



こちらは「백종원의 골복식탕(ベク・ジョンウォンの路地食堂)」というSBSのテレビ番組に登場したお店です。



市場にある、商売のうまくいっていないお店を手助けするという番組です。


料理人であり、韓国の外食産業の専門家でもあるベク・ジョンウォンがお店を訪れ、一緒にメニューを改善したり、味をアップグレードしたりします。



人気番組なので(いや、ベク・ジョンウォンの人気のせいか🤔❓)、取り上げられたお店と市場には多くの人が訪れるようになります。





さてさて、「母と息子(어머니와 아들)」ですが、名前の通りお母さんと息子でやっているお店です😃



放送が始まった当時は、「苦労するお母さん」「何も手伝わない息子」という感じで紆余曲折いろいろありましたが、最後には息子が改心し、今は頑張って毎朝早くから仕込みをしているそうです。




番組を見た視聴者の多くが、



「この息子は本当に大丈夫か❓」

「放送が終了したら元に戻るんじゃないか🤔❓」



と心配しました。



しかし、そのお陰か、放送が終了した今も市場の人たちやお客さんたちから叱咤激励を受けながら、頑張っているそうです😃



お店の壁にはお店のお母さん&息子へのメッセージがこんなに。



有名人もたくさん来ているみたいですね〜😲



みんなに愛されているお店だなぁ☺️



と感じるお店です。





昼のメニューはタッコムタン(닭곰탕)のみ



メニューはいたってシンプル。



お昼はタッコムタン(닭곰탕)


夜はタクボックムタン(닭볶음탕)



の二つです。



両方とも、鶏を使った料理です🐓





この日はお昼の時間帯に行ったので、タッコムタン(닭곰탕)をいただきました😀



タッコムタン(닭곰탕)は、シンプルですが手間のかかる料理です。



鶏肉をそのまま長時間煮込んで出汁を取ります。


出汁が取れたら鶏肉を取り出し、肉をほぐして、骨を取り除きます。

(地味で時間の掛かる作業です)


塩でスープの味を整えて出来上がり。



タッコムタン(닭곰탕)では若鳥ではなく、脂肪の少ない歯ごたえのある老鶏や地鶏を使うため、コクのあるあっさりスープに仕上がります。




スープには、ほぐした鶏肉とタン麺が入っています。



薬味のネギと胡椒の香りが良い感じ😃




また、このお店の特徴は丸い小皿に入っている醤油ベースのピリ辛ソースだそうです。



タッコムタン(닭곰탕)には欠かせないこのソースに鶏肉をつけていただきます😀




うん、思ってたより美味しいぞ😋✨



スープがあっさりしているため、飽きない味かもしれませんね。




丁寧に作られているのを感じる、優しい味でした☺️






お腹もいい感じになり、この後は紅葉🍁を見に山へ行きましたが、まだ少し早かったようですね🙄




タッコムタン(닭곰탕)は日本人にも親しみやすい味です。



ぜひ一度お試しを😃




ではでは🤗

どろん💫




#タッコムタン #ポバンター市場 #オモニワアドゥル #닭곰탕 #머머니와아들 #포방터시장

作者: 昌

​韓国に来て早10年以上。いつかは仏様を描きながら世界中を旅するのが夢