• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Pinterest

Copyright © 2019 Peacetopia~韓国での暮らしを中心にあれこれと~ 

【韓国料理】チヂミ(지짐이/지지미)〜韓国ではブッチンゲ(부침개)やジョン(전)と言います〜



チヂミと言えば、韓国の代表的な料理ですよね😃



普段からも家庭でもよく作られますし、

特に秋夕(추석/チュソク)の際には必ず準備する定番料理です🍁



今日はそのチヂミについてのお話です🤓



「チヂミ」は韓国ではあまり聞かない言葉


韓国に来てしばらくすると、気づきました。



あれ🤔❓


韓国人の人たち、チヂミって言ってなくない🤔🤔🤔❓




私の経験上、韓国人の人が「チヂミ」と言っていたケースは一つだけでした。


それは、日本人にチヂミを説明するとき




私:「これ何ですか?」


お店の人:「これ?あ、あなた日本人?これ、チヂミよ、チヂミ




ってな感じ。


なんか笑える☺️



では、何と呼んでいるか🤔❓



부침개(ブッチンゲ)


または


전(ジョン)



です。




チヂミとは、지지다(チヂダ)という言葉から来ています。



지지다(チヂダ):

  1. (水をひたひたに入れて)煮詰める

  2. (卵や豆腐などを)鉄板で煎る;鉄板焼きにする

  3. 焦がす;または焼く

  4. 熱いものに当てて(患部を)温める

(Naver韓日辞書より)



これを名詞の形にしてできたのが、チヂミ(지짐이/지지미)です。


きっと、2か3の意味から来た言葉なんだろうな🤓


なんて、思っていたのですが…



지짐이(チヂミ)を辞書(標準韓国語辞書)で調べると、



  • 국보다 국물을 적게 잡아 짭짤하게 끓인 음식

  • 汁物よりも水分を少なめに入れ、味を濃いめに煮詰めた料理



Wikipediaにも同様の説明がしてあります。



あれ、全然焼いてねぇじゃん🙄



Wikiにあるチヂミに「似ている料理」にも「汁物、チゲ」と書かれています。



やっぱり焼いてない…


ってか、完全に違う料理じゃん。



むむ🤔



부침개(ブッチンゲ)


では、부침개(ブッチンゲ)とは🤔❓



부치다(ブチダ)という動詞から来ています。



부치다(ブチダ):

  • (フライパンなどに油を引いて)焼く;油焼きにする

(Naver韓日辞書より)



あ、チヂミのチヂダ(지지다)よりそれっぽい☺️



で、부침개(ブッチンゲ)調べてみました。



부침개(ブッチンゲ):

  • フライパンなどで焼いた食べ物の総称

(Naver韓日辞書より)



標準韓国語辞書によると、부침개(ブッチンゲ)とは



  • 기름에 부쳐서 만드는 빈대떡, 저냐, 누름적, 전병 따위의 음식

  • 油で炒めて作ったビンデトック(緑豆のチヂミ)、ヂョニャ(肉や魚を薄切りにして衣を付けて焼いた料理)、ヌルムジョック(牛肉や桔梗などを串に刺して卵をつけて焼いた料理)、ジョンビョン(もち米や小麦粉などの粉物を薄く引いて焼いた料理)などの料理



と書いてあります。


確かに、チヂミという言葉よりも「ブッチンゲ」の方が合ってますね





전(ジョン)


ではでは、전(ジョン)とは🤔❓



전(ジョン)は漢字で書くと「煎」なります。


標準韓国語辞書には、このよう説明されています。


  • 생선이나 고기, 채소 따위를 얇게 썰거나 다져 양념을 한 뒤, 밀가루를 묻혀 기름에 지진 음식을 통틀어 이르는 말

  • 魚や肉、野菜などを薄く切るか、ミンチにして味をつけるかした後、小麦粉を付けて油で焼いた料理の総称



なるほど🤓



(よー分からんが)同じようでも違うわけですな。


でも、「薄切りにした肉や魚を衣につけて焼く」っていうところはジョン(전)もブッチンゲ(부침개)も同じですね。



ブッチンゲ(부침개)とジョン(전)の違い


辞書の説明ではなかなか分かりにくいですが、


ブッチンゲ(부침개)ジョン(전)の1番の違いは、



ジョン(전)は「材料の形をできるだけ残した」状態で油で焼いたもの



ということみたいです。




こちらは「タラと海老のジョン(동태새우전)」です。


確かに、できる限り形はそのままで焼いていますね〜。




こちらはジョンの盛り合わせ(모둠전)」です。



薄切りにしたエリンギ、しいたけ、エホバク(ズッキーニに似た野菜)、タラの白身などを卵につけて焼いています。


また、ミンチにしたお肉を団子状にして焼いたもの、ミンチ肉を中に詰めた唐辛子、ミンチ肉をエゴマの葉っぱで包んで焼いたものもあります。


一番奥にあるのはハム、ネギ、カニカマを串にさして、卵を付けて焼いたものです。



なぜ日本ではチヂミと呼ばれているのか


ではではでは、これら「ブッチンゲ/ジョン」がなぜ日本では「チヂミ」と呼ばれているのでしょうか🤔❓



それは、



江原道や慶尚道の一部では、方言としてブッチンゲを「チヂミ」と呼んでいて、それが日本に伝わった



からだと言われています🤓



ま、本当かどうかは分かりませんが、これが一番有力な説ということです。



ジョン(전)と名が付くチヂミの種類


チヂミにはいろんな種類があります。



多くの場合、ジョン(전)と名が付いていることが多いです。


ということで、最後にジョンの種類をいくつか紹介したいと思います。



  • 파전(パジョン):ネギのチヂミ

  • 해물파전(へムルパジョン):海鮮とネギのチヂミ

  • 동태전(トンテジョン):タラの白身を使ったチヂミ

  • 굴전(グルジョン):牡蠣のチヂミ

  • 호박전(ホバクジョン):エホバクのチヂミ

  • 감자전(カムジャジョン):ジャガイモのチヂミ



などなど😋





鉄板でチヂミを焼く音が雨の音に似ていることから、



「今日は雨が降ってるし、チヂミでも食べるか😀❗️」


「いいねえ〜、チヂミとマッコリで一杯😋❗️」



なんて会話が、雨の日にはよく聞かれます。



機会があれば、雨の日には是非チヂミとマッコリを😃




ではでは、この辺で。

どろん💫




#チヂミ #ブッチンゲ #ジョン #지짐이 #지지미 #부침개 #전


1件のコメント

作者: 昌

​韓国に来て早10年以上。いつかは仏様を描きながら世界中を旅するのが夢