• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Pinterest

Copyright © 2019 Peacetopia~韓国での暮らしを中心にあれこれと~ 

【韓国料理】ムルフェ(물회)〜さっぱり夏の味覚〜


今日はムルフェ(물회)と呼ばれる韓国料理のご紹介です。


ムル(물)は水、フェ(회)は刺身という意味で、直訳すると、水刺身ということになります。


この言葉通り、新鮮なお刺身をキンキンに冷やした水(スープ)とともにいただく料理で、具はお刺身以外にも、玉ねぎ、キュウリ、サンチュなどの野菜(たまに梨)もたくさん入るヘルシー料理です。


もともとは忙しい漁師さんが船の上で簡単に食事を済ませるために、捕まえた魚をその場でさばき、コチュジャンやテンジャン(韓国の味噌)と混ぜ、水を入れて食べたのが由来だと言われています。


なかに入れる魚介類は地域やお店によって違いがあり、活魚のみを使う場合もあれば、ホヤやアワビ、ナマコなどを入れる場合もあります。

また、イカの季節には活イカで作ることもあります。

豪華なムルフェはこれら全てが入ってることも。めっちゃ美味しいっす。


ちなみに、冷たい状態で食べるため、お魚は脂身の少ない白身を入れることが多いです。


この写真はヒラメの活魚で作ったムルフェで、お酢の入った唐辛子ベースのスープはシャーベット状になっています。

野菜は玉ねぎ、キュウリ、人参、キャベツ、エゴマの葉っぱ、サンチュが入っています。


見ての通りスープの色は赤いですが、辛くはありません。

酢が効いているため甘酸っぱく、出汁を取ったスープと合わさって、さっぱりとした深みのある味になっています。


本当、夏の暑い日にぴったりです。



多くのお店では、このムルフェに素麺などの麺を入れて食べます。


今回は、普段冷麺で使われる蕎麦の入った麺でした。

ツルツルと喉越しもよく、スープによく合います。


麺以外にも、人によっては、ご飯を入れる人もいます。

(日本人からすると、ここにご飯入れるのはちょっと不思議ですよね〜)



ムルフェの食べ方は地域によっても様々なようで、スープの量が少ない地域ではエゴマの葉っぱなどに包んで食べたりするそうです。


南部にある浦項(ポハン)という地域が、郷土料理としてムルフェが有名だそうなので、旅行に行かれる方はお試しください。



最後に、、、韓国では料理を頼むとバンチャン(반찬)と言われるサイドメニューが色々出てくるのですが、お魚系のお店で出てくる定番が秋刀魚の塩焼きです。


韓国に来るまでは、秋の味覚秋刀魚が大好きだったのですが、今ではちょくちょく食べる機会があるため、有り難みが薄れて少々飽きてしまいました。

一年中食べれるっていうのも、良し悪しですね〜。


【参考サイト】

Pusan Navi:ベストフード、ムルフェ!

Pusan Navi:釜山の名物料理「ムルフェ」

作者: 昌

​韓国に来て早10年以上。いつかは仏様を描きながら世界中を旅するのが夢