• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Pinterest

Copyright © 2019 Peacetopia~韓国での暮らしを中心にあれこれと~ 

【韓国料理】焼き魚、そして市場をぶらり

最終更新: 2019年9月5日



今日は焼き魚を食べたい気分〜。


ということで、市場まで食べに行きました。 市場の中にある食堂は、基本的に新鮮な素材を使って料理をしてくれるので、比較的美味しいところが多いように思います。


「元一」と書いてある、良いねマーク👍のあるお店です。


焼き魚、タラの鍋、スケトウダラの鍋など、お魚を使った料理を提供してくれます。



お店の中はこんな感じ。

マッコリも売ってますよー。


お客さんはおじさま方が多く、一人で食事をされる方もいます。



今回頼んだのはイミョンス(임연수)というホッケとサムチ(삼치)というサワラです。


韓国では比較的よく食べられるお魚です。


少し話が逸れますが、以下の魚が韓国では焼き魚としてよく出てきます。


鯖:고등어(コドゥンオ)

秋刀魚:꽁치(コンチ)

太刀魚:갈치(カルチ)

ホッケ:임연수(イミョンス)←いつ聞いても人の名前みたい

サワラ:삼치(サムチ)


日本では秋にしか食べない秋刀魚ですが、韓国ではサイドメニューとしてよく出てきます。

一年中食べれるおかげで(季節じゃない時は冷凍ですけどね)、韓国に来てから秋刀魚の有り難みが薄くなってしまいました。


いつでも食べれる〜、みたいな。


ちと残念。


秋刀魚のお刺身は今でも大好きですけどね。

これは出てこないから。



焼き魚を注文すると、4種類のサイドメニュー、ご飯、スープが付いてきます。


ここのお店の素敵なところは、茹でたての美味しいお豆腐が出てくるところ。

その他のサイドメニューは日によって変わります。

どれも焼き魚に合うおかずばかりです。


写真で見てわかる通り、日本の焼き魚とは違い、韓国の焼き魚は豪快です。

開いた魚を一匹そのまま焼いています。


そして、食べる時はわさび醤油煮付けて食べます。


これが意外に合うんです。


ご飯がどんどん進む。



お腹いっぱいになった後は市場で買い物をして帰りました。


韓国の多くの市場には、このように屋台がたくさん並んでいて、お店のおばちゃんと喋りながら(喋らなくても良いですけどね)、楽しくお酒を飲むことができます。


この雰囲気良いですよね〜。



市場なので、お肉、野菜、お魚、麺類、テンジャン(韓国のお味噌)、コチュジャン、色々売ってます。


特に韓国っぽいなーと思うのが、にんにくや唐辛子のお店でしょうか。


にんにくは茎もついた状態で売っているお店もあれば、皮を剥いた状態で売っているお店もあります。

最後の写真にあるにんにく屋さんは、その場でにんにくを機械ですりつぶしてくれます。


料理をする時はすりつぶしたにんにくをよく使うので、とても便利。

自分でするには結構な労力を使いますからね〜。

にんにくの破片は飛ぶし、匂いも充満するし、、、。



今回はじゃがいも、人参、しいたけ、ズッキーニ、チョングクジャン(청국장)、コーン茶を買いました。


市場はいつ行っても楽しいですね。

作者: 昌

​韓国に来て早10年以上。いつかは仏様を描きながら世界中を旅するのが夢