【韓国料理】魚介の蒸しもの/チョゲチム(조개찜)〜新鮮な魚貝類がわんさか登場〜



お店「チョゲイルボンジ(조개일번지)」


貝類はそこまで好きではない私としては、とっても珍しくチョゲチム(조개찜)を食べたいと思い、チョゲイルボンジ(조개일번지)というお店に行ってきました。


このお店はテーブルの作りもそうですが、昔の映画ポスターが貼られていたりと、昔懐かしい飲み屋さんを思わせるデザインになっています。

そもそもチョゲチムという料理は、軽く食事を済ませた後の二次会で食べられる飲み屋さん料理のため、このような雰囲気のあるお店にしたんだろうなと思いました(私の勝手な考え。お店の人に聞いたわけじゃない)。


ちなみに、壁の一番下に貼られている右から三番目のポスターは「科学忍者隊ガッチャマン」です。

ゆけゆけガッチャマーン♪(一回もちゃんと見たことないけど)



チョゲチムとは?


話は料理に戻ります。


チョゲチム(조개찜)のチョゲ(조개)とは貝類、チム(찜)は蒸し料理のことをいいます。

なので、チョゲチムは日本語にすると「貝類の蒸しもの」という意味になります。


ただ、チョゲチムを注文すると、ほとんどの場合はイカやエビなども入っているため、「魚介の蒸しもの」の方が近いと思います。

なので、ここでは「魚介の蒸しもの」と言うことにします。


ちなみに、今回は蒸しものを注文しましたが、基本的にチョゲチムがあるお店はチョゲグイ(조개구이)と呼ばれる「貝類の焼きもの」もあります。

はい、もうお分かりでしょうが、グイ(구이)は焼きものという意味です。



バンチャン(반찬)その1



さて、メイン料理の前に、まずはサイドメニューのご紹介です。

バンチャン(반찬)と言われるサイドメニューは、韓国のほぼ全てのお店で出てきます。


日本でいうところのお通し、食事中の箸休め、そして、ご飯と一緒に食べるおかず、という役割があるのがこのバンチャンです。


よって、バンチャンが美味しいかどうかは、お店によっては重要問題です。

種類も多くて美味しいバンチャンを出すお店には、自然とお客さんが集まります。


そんな中、このお店ではバナナと駄菓子が出てきます。

今まで色んなお店に行きましたが、デザートとしてではないバナナが出て、さらには駄菓子が出てくるとは。。。こんなお店は初めてです。

きっと、昔懐かしいお店というコンセプトに合わせているんだろうなぁと思いました。


他のお客さんの様子を見ても、駄菓子が出ることで会話がさらに盛り上がり、とても楽しそうなので、見てるこっちもルンルンです。


私も普段韓国の駄菓子は食べないので、なんだかおもしろかったです。

写真にある、サッカーの絵が書かれている薄長いお菓子ですが、日本でもよくあるイカ焼き的なものだと思っていたら、食べてびっくり。甘いっす。

黄色い部分がコーン味で、茶色い部分がチョコレート味です。


こういう小さな一つ一つが、なんだかおもしろいんですよね〜。



バンチャン(반찬)その2

さらに他のバンチャンも登場です。


鍋に入っているのはナムルのスープ。

色は赤いですが、そんなに辛くなくさっぱりしています。

また、出汁がしっかり取れているので、深みがあります。


左の白い器に入っている3セットは、(上から)茎わかめの酢漬け、蚕の蛹の煮付け、巻貝の煮付けです。


この中で、韓国に来たばかりの外国人がなかなか受け付けないのが、「蚕の蛹の煮付け/ポンデギ(번데기)」です。

私は数年前に一回だけ食べたことがありますが、どうもあの香りが好きになれませんでした。

野外の屋台でもよく売られており、香りが独特なので、目に見えなくても嗅覚のアンテナが勝手に反応します。

「ポンデギだ!ポンデギだ!どこかにポンデギがあるぞ!」

と、一人騒ぐ私。たまにこういうことあります。


ただ、ポンデギには栄養があるので、機会があれば食べるのをオススメします。



魚介の蒸し物とその食べ方


ここでどどーん!っと、チョゲチムの登場です。

これでサイズは小という驚き。

大きさは、小・中・大から選べます。


この蒸し料理の中には、エビ、イカ、練り物、お餅の他に、以下のような様々な種類の貝が大量に入っています。


帆立貝:가리비(カリビ)

ハマグリ:대합/개조개(テハッ/ケヂョゲ)

シオフキガイ:동죽조개(トンジュクチョゲ)

トリ貝:새조개(セヂョゲ)

タイラギ:키조개(キヂョゲ)

あさり:바지락(バジラック)

赤貝:피조개(ピチョゲ)


いい機会なので、ここで他の貝の種類の名前を並べて見ました。


オキシジミガイ:모시조개/가무락조개(モシヂョゲ/カムラッチョゲ)

マテガイ:맛조개(マッチョゲ)

シジミ:재첩(チェチョッ)

アワビ:전복(ジョンボク)


チョゲチムの具材は、お店や季節によって様々です。

魚貝類の好きな方は、色んなお店を試してみるのも良いかもしれません。



たくさんの具の下には、魚介の味が染み込んだスープがあります。

お酒と一緒に魚貝類を食べ、その後に飲むこのスープがまた美味しい。


また、ほとんどのお店では締めとして、このスープにグクス(국수)と言われるうどんのような麺を入れて食べることができます。


そうそう。

魚貝類は、足りないなと思ったら追加できます。


お店には、「貝類はたくさん食べても太らないよ!」なんて書いてありますが、本当なんですかねー。


ま、今日はこの辺りで。

では!

(どろん)


作者: 昌

​韓国に来て早10年以上。いつかは仏様を描きながら世界中を旅するのが夢

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Pinterest

Copyright © 2019 Peacetopia~韓国での暮らしを中心にあれこれと~