【韓国料理】鴨鍋(오리탕)〜広州の鴨鍋屋さん、ヨンミオリタン(영미오리탕)〜




初めて広津区(광진구)君子洞(군자동)までやって来ました。



こちらに鴨鍋(오리탕/オリタン)🦆で有名なお店があります。


  • 오리(オリ):鴨

  • 탕(タン):鍋


鴨鍋(오리탕)はその名の通り、鴨を使った鍋料理です。

地域によって色んな味付けがありますが、一番有名なのは広州(광주/クァンジュ)鴨鍋広州には「鴨料理の通り(오리요리의 거리)」という通りがあるほど、鴨料理で有名です。


(*)広州は食材豊かで食べ物が美味しい地域として知られています😀



広州式の鴨料理専門店ヨンミオリタン(영미오리탕)




その「鴨料理の通り(오리요리의 거리)」でも有名なのがヨンミオリタン(영미오리탕)というお店。



そのヨンミオリタン(영미오리탕)🦆のソウル支店が君子洞(군자동)にあります。





有名人の方も訪れているようですね。



夕食時前に行ったのでお客さんは1組しかいませんでしたが、お店の前には順番待ちの人のために椅子も置いてありましたし、私たちが食べている間もお店には予約の電話が何本も掛かっていました。



お持ち帰りで購入しているお客さんも何組かいたので、本当に人気店なんでしょうね。



なので、お食事時に行かれる場合は、予約された方が無難だと思います🤓





メニューはこちら。



鴨鍋(오리탕)は一羽か半羽を選べます。


鴨肉は大きいので、半羽でも2〜3人分はあると思います。



鴨鍋(오리탕)で有名なお店ですが、目の前で焼きながら食べる鴨ロース(생로스)鴨肉と野菜の和え物(주물럭)もあります😃



あとはアルコールや炭酸などの飲み物です。




あ、ご飯注文できます☺️



まずはサイドメニューの小鉢類から




注文したメイン料理以外に出てくる小鉢/おかずのことをバンチャン(반찬)又はミッバンチャン(밑만찬)と言います。



ここのお店のバンチャン(반찬)はこんな感じ。




個人的に一番好きだったのは、左奥にある海苔と千切り野菜の酢の物です。



海の香りとお酢の香り。



さっぱりとしてて美味しかったです😋



広州式鴨鍋の特徴はエゴマにあり




鴨鍋(오리탕)はこんな感じ😀



これで鴨のお肉が半羽入っています(お肉が半羽っていう表現が不思議☺️)



鍋料理というと、スープは昆布などの出汁ベース、味噌ベース、醤油ベース、または韓国なので唐辛子ベースやコチュジャンベースという印象が多いと思いますが、広州式の鴨鍋(오리탕)エゴマ(들깨/トゥルケ)ベースです😲



擦りおろしたエゴマを濾して作ったのがこのスープ。



見た目通り、とても濃厚です。



このスープだけで十分だと思うほど😋



オメガ3を豊富に含んでいるというエゴマが大量に入っているので、健康に良さそうですよねー。




スープが足りないなと思ったら、追加できます😀

(半羽を注文した場合は1回、一羽を注文した場合は2回まで無料で追加できます。そのあとは料金が発生します🤓)





この鴨鍋(오리탕)ですが、セリ(미나리/ミナリ)が大量に入っているという点も特徴の一つです😀



セリ(미나리)は最初から鍋に入っていますが、こうして別盛りでも持って来てくれます。



火が通ると量が減るので、大量のセリ(미나리)もサクサクいただけます。





鴨肉やセリはこの赤いタレにつけていただきます。



酢コチュジャンベースのタレに、擦りおろしたエゴマ(들깨)が入っています。



そう、ここでもエゴマ(들깨)☺️





お酢が入っているので、濃厚な鴨肉をさっぱりいただけます。



まー、このタレに付けなくても十分美味しいですけどね。



好みかな。私は付けない方が好きでした☺️




このタレ、セリ(미나리)につけても美味しいです。



個人的には、セリの方がこのタレには合う気がします😀





ソウルでもなかなかいただけない広州式の鴨鍋(오리탕)



広州までは遠いので、あまり行く機会はありませんが、行かれる方はぜひ現地で鴨鍋(오리탕)を味わってみて下さい。




ではでは🤗

どろん💫



作者: 昌

​韓国に来て早10年以上。いつかは仏様を描きながら世界中を旅するのが夢

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Pinterest

Copyright © 2019 Peacetopia~韓国での暮らしを中心にあれこれと~