【韓国料理レシピ】チャンナムルの浅漬け(참나물 겉절이)〜甘酸っぱいミツバセリのサラダ〜




市場でチャンナムル(참나물)を買ってきました。



このチャンナムル(참나물)ですが、見た目、シャキシャキの食感、独特の爽やかな香り、どれをとっても「ミツバ」だと思っていました。



写真を見ても、ミツバに似てますよね❓



しかし、よく調べてみると、どうやら違うよう…🙄え〜。



結局チャンナムルって何者だ?



Naver日韓辞書で「ミツバ」の韓国語を調べてみると…



  • ミツバ:파드득나물(パドゥドゥッナムル)



あれま、チャンナムル(참나물)じゃない。




しかも、파드득나물(パドゥドゥッナムル)なんて野菜、スーパーでもテレビでも見たことがありません🤔




次はチャンナムル(참나물)で調べてみると…



  • 참나물(チャンナムル):ヒカゲミツバゼリ



だそうです。




ヒカゲミツバゼリ…これも初めて聞く名前です。




ミツバゼリということは、セリの種類🤔❓



ネットで調べてみると、「ミツバ」と「セリ」は同じセリ科の多年草だそうです。



そもそもミツバは「ミツバセリ」と呼ばれることもあるそう。

(お、ヒカゲミツバゼリに近づいた☺️)




確かに考えたこともなかったけど、ミツバとセリは香りが似ているかも…🙄




ただ、このヒカゲミツバゼリ(ヒカゲミツバセリも同様)、日本語で検索してもちゃんとした情報が出てきません。



なので、これが普段日本で食べているミツバと同じものなのか分からず…



まあ…「チャンナムル(참나물)とは韓国料理でよく使われるミツバに近い食材」ということにしておこう。




なんだか後味が悪いですね…😑



チャンナムルの浅漬け




ここからは料理の話🤓



チャンナムル(참나물)の食感と香りを十分に味わえるよう、チャンナムルの浅漬け(참나물 겉절이/チャンナムルコッチョリ)を作ることにしました。



  • 참나물(チャンナムル):ヒカゲミツバゼリ

  • 겉절이(コッチョリ):浅漬けキムチ



コッチョリ(겉절이)とは、塩漬けの過程なしに、白菜やサンチュなどの野菜に調味料を混ぜ合わせて作った料理のことです(塩を軽くまぶして作る場合もあります)。サラダ感覚であっさりと食べられる浅漬けで、使う野菜や調味料によって様々なバージョンがあります。



チャンナムルコッチョリを作ろう



実はコッチョリを作るのは今回が初めて。



ということで、こちらのサイトを参考に作りました。



소꽁: 참나물겉절이 만드는 법 고기랑잘어울려




☆材料

チャンナムル   2房

玉ねぎ(小さめ) 半分      



☆☆調味料(タレ)

醬油        大さじ2

魚醤        大さじ2

酢         大さじ2

砂糖        大さじ2

梅エキス(あれば) 大さじ2

粉唐辛子      大さじ2〜3

すりおりしにんにく 大さじ1.5


胡麻        お好みで



① 野菜を切る


チャンナムルは食べやすい長さに、玉ねぎは薄切りにします。




② 調味料を合わせる


醬油、魚醤、酢、砂糖、梅エキス、粉唐辛子、すりおろしたにんにくを合わせて合わせ調味料(タレ)を作ります。



梅エキスがない場合は、砂糖(ハチミツやオリゴ糖でも可)を多めに加えて調整してください。


ここで一度味をみて、足りないと思うものがあれば追加して味を調整してください😃




③ 野菜とタレを混ぜ合わせる


切った野菜とタレをしっかり混ぜ合わせたら出来上がりです😄



お好みで、最後に胡麻を振り掛けると香ばしさがアップします。

(私は完全に入れるのを忘れてしまいました…がーん😦)




粉唐辛子を使っていますが、辛くはありません(もちろん、辛い唐辛子の粉を使えば辛くなりますが)。



味は甘酸っぱく、チャンナムルのシャキシャキ感と爽やかな香りをしっかりと楽しめる味付けになっています😃



お肉との相性も良いので、サムギョプサルなどのお肉を焼いた時には、付け合わせに作って見てください。




ではでは🤗

どろん💫




◆◆◆参考ページ◆◆◆


네이버 지식백과: 겉절이

スーパーでのバイトってどうなの:『せりと三つ葉、違いはあるの?-どちらも彩りにかかせない-』


作者: 昌

​韓国に来て早10年以上。いつかは仏様を描きながら世界中を旅するのが夢

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Pinterest

Copyright © 2019 Peacetopia~韓国での暮らしを中心にあれこれと~