【韓国料理レシピ】大豆もやしの和え物/コンナムルムチム(콩나물무침)〜簡単に作れて体に良いぞ〜

最終更新: 2019年9月24日


今日はコンナムルムチム(콩나물무침)と言われる「大豆もやしの和え物」を作りました。


コンナムル(콩나물)というのが「大豆もやし」、ムチム(무침)というのが「和え物」という意味なので、コンナムルムチム(콩나물무침)で「大豆もやしの和え物」となります。


韓国料理のなかではよく食べられるおかずで、健康にもとても良いそうです。



大豆もやしについて


レシピの前に、まずは大豆もやしが持つ効能についてです。


もやしは緑豆、ブラックマッペ、そして大豆の3種類の豆を種子とするもやしが生産されており、国内で販売されている9割のもやしは緑豆もやしだそうです。


韓国では大豆から作った大豆もやしを使うことが多いです。

豆が付いたまま料理するので、緑豆もやしよりも食べ応えがあり、火を通した後でも、シャキシャキとした食感は強く残っています。

よって、スープ、炒め物、もやしご飯など、長い時間火を入れて作る料理にもよく使われます。


タンパク質やカルシウムを豊富に含む健康食品です。

アミノ酸の一種であるアスパラジン酸、サポニン、イソフラボン、が含まれているほか、ビタミンC, B1, B2などの水溶性ビタミンが含まれています。



栄養もたっぷりで、『大豆もやしの栄養と機能性』大豆もやし普及委員会によると、以下のような効能があるそうです。並べてみると、すごーーい。


1. 美肌効果

2. ダイエット効果

3. 乳がん予防

4. 更年期症状の軽減

5. メタボ改善・肥満予防

6. 二日酔いの予防

7. 動脈硬化・高血圧予防

8. 大腸ガン予防

9. 糖尿病予防

10. 老化防止

11. ボケ防止

12. 骨粗鬆症の予防



今回もネットで作り方を色々検索し、마리머더의cooking&livingのレシピを参考にすることにしました。


このサイトで掲載しているように、本サイトでも大豆もやし300gを使った場合のレシピを載せています。


しかし、私が今回使用した大豆もやしは500gです。350gに150g容量アップして500g、だそうです。


しっかし、でかいよねー。


日本で販売しているのは、おそらく一袋200〜300gくらいでしょうね。




☆材料

大豆もやし   300g

長ネギ     半分

青唐辛子    1個(あれば)

赤唐辛子    1個(あれば)


☆☆調味料

唐辛子の粉       大さじ1

にんにく(すりつぶし) 大さじ1/2

醤油          大さじ1

塩           大さじ2/3

砂糖          小さじ1/2

ごま油         大さじ1

胡麻          大さじ1/2



① 野菜を切る


長ネギと唐辛子を斜めの薄切りにします。

唐辛子は青と赤がありますが、赤唐辛子はなかったので、今回は使いませんでした。


この唐辛子は味にはあまり関係ないので、ない場合は入れなくても大丈夫です。



② 大豆もやしを湯がく


大豆もやしを流水で洗い、塩大さじ1/2を入れた水が沸騰したら、大豆もやしを入れて2〜3分程湯がきます。


ひげ根が気になる方は取り除いても良いですが、この部分に栄養がたくさんあるらしいので、私はそのまま調理しました。


というのは口実で、面倒くさいからヒゲ根を取りませんでした。

ほほほ。

でも、ひげ根に栄養があるというのは本当みたいです。



③ 茹でたもやしを流水で冷やす

大豆もやしが湯掛けたら、流水で冷やします。

そして、ここでしっかりと水気を切ります(これ、重要)。



④ 味付け


①で切った長ネギと唐辛子、そして☆☆調味料にある調味料を入れていきます。


この調味料ですが、最初に全て混ぜてからもやしと和えても大丈夫です。



⑤ 混ぜて出来上がり


あとは混ぜるだけ。

一度ここで味を見て、薄いようなら塩で調整してください。


これで、出来上がり〜。


大豆もやしの食感がシャキシャキとして、味もしつこくなく、サラダのようにサクサクと進む味わいです。

地味だけど、ナイスな脇役君です。


ではでは!

(どろん)



【参考サイト】

『大豆もやしの栄養と機能性』大豆もやし普及委員会

Naver 지식백과(知識百科)『콩나물무침』

마리머더의cooking&living(콩나물무침)

作者: 昌

​韓国に来て早10年以上。いつかは仏様を描きながら世界中を旅するのが夢

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Pinterest

Copyright © 2019 Peacetopia~韓国での暮らしを中心にあれこれと~