【韓国料理レシピ】骨付き牛カルビの煮込み/ソカルビチム(소갈비찜)

最終更新: 2019年9月5日



牛カルビが冷蔵庫の中にあったので、ソカルビチム(소갈비찜)を作ってみました。


ソ(소)が牛、カルビ(갈비)は韓国語でもカルビ(というか、もともと韓国語)、チム(찜)は煮込み料理や蒸し料理という意味なので、日本語にすると「牛カルビの煮込み」ってとこでしょうか。


カルビチムは骨付きの場合が多いので、「骨付き牛カルビの煮込み」が一番しっくりくるかなぁ。


味は、砂糖醤油で煮込んだような味付けです。

日本人にとっては甘めの味付けかなとは思いますが、どこか懐かしい味付けです。



さてさて、実はソカルビチムを作るのは初めてです。


なので、レシピが絶対に必要。


といことで、こちらのサイトのレシピを参考にすることにしました。



윤화성훈맘 Jasmin's Food Style



ちなみに、料理時間がすご〜〜〜〜く長い料理です。




☆材料

骨付き牛カルビ 

人参 

椎茸

栗(今回はじゃがいもで代用)

ナツメ(あれば)

銀杏(あれば)


☆☆カルビを茹でる際に臭み取りとして入れる野菜

大根       約150g

玉ねぎ      半分

にんにく     5〜10個

長ネギ      半分

料理酒      大さじ3(45ml)

胡椒(粒のまま) 大さじ半分


☆☆☆味付け用の調味料とその他材料

梨または梨のジュース 200ml

りんご(すりおろし) 半分(参考にしたブログではパイナップルを入れています)

玉ねぎ(すりおろし) 半分

醤油         大さじ7

砂糖         大さじ3

オリゴ糖       大さじ3

料理酒        大さじ3

おろしにんにく    大さじ2

胡椒         小さじ1/4

ごま油        大さじ1

ごま         大さじ1/2

① カルビ肉の血抜き


カルビ肉を水に浸けて血抜きをします。

途中でお水を数回変えながら、最低でも3時間以上は浸けておきます。

ここでしっかり血を抜くことで、お肉の臭みが消えて美味しくなります。

なので、この過程はとっても重要〜。

血抜きをしたカルビ肉は色が白っぽくなります。


夏の間は暑いので、冷蔵庫に入れて血抜きをした方が良いと思います。



② カルビ肉を湯がく(下茹で)


十分に血抜きをしたカルビ肉をお水に入れ、火に掛けて下茹でをします。

時間は沸騰してから10分程度です。

下茹でなので、完全に火を通す必要はありません。


(参考ブログの作者曰く、沸騰してから入れるよりもお水からの方がお肉に残った血が抜けるそうです)



③ 湯がいたカルビ肉を水で洗う


下茹での終わったカルビを水にあげ、余分な油や灰汁を洗い流します。



④ カルビ肉を野菜等と茹でる



お水を入れた鍋に上☆を入れて、カルビ肉を茹でます。

最初は強火、沸騰したら吹き零れないように中火または弱火にして、1時間ほど茹でます。

もし灰汁が出るようであれば取り除きます。

(②と③をしているので、灰汁はあまり出ません)


茹で上がったら、大根、長ネギ、玉ねぎ、にんにく、胡椒、を取り出します。

(玉ねぎは煮込んでる間にとろとろになるので、私は取り出しませんでした)


ここでペーパータオルなどを使って茹で汁をこすと、余分な油も取ることができます。

(私は面倒だったので、ここまではしませんでした。ほほ)



⑤ 調味料を混ぜる



上に書いてある☆☆☆を混ぜる。



⑥ 調味料を入れて煮込む


⑤で作ったタレを茹で汁に加えてカルビ肉を煮込みます。

30〜40分程度でしょうか。

ここでも灰汁が出たら取り除きます。



⑦ 残っている材料を入れてさらに煮込む


人参、椎茸、じゃがいもを入れて火が通るまで煮込みます。

もちろんここでも灰汁が出たら取り除いて〜。

ある程度火が通ったら、蓋を開けた状態で煮汁がある程度なくなるまで煮詰めていきます。



⑧ 完成


お皿に盛り付けて、出来上がりです。



味はというと、ちゃんとカルビチムの味(笑)がしました。


ただ、レシピを見れば分かるとは思いますが、やはり甘みが強めです。


なので、好みに応じて、砂糖を大さじ1減らしてその分醤油を増やす、または青唐辛子を入れて辛味をプラスする、などしても良いかもしれません。



あと、一緒に煮込む具ですが、ゆで卵入れても美味しいです。



カルビチムにはご飯、そして冷たい水キムチ(물김치)なんかも一緒に食べるとさらに美味しくいただけます。



興味のある方はぜひ一度作ってみてください。


時間は相当かかりますが、、、、、。



【参考サイト】

윤화성훈맘 Jasmin's Food Style

作者: 昌

​韓国に来て早10年以上。いつかは仏様を描きながら世界中を旅するのが夢

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Pinterest

Copyright © 2019 Peacetopia~韓国での暮らしを中心にあれこれと~